展示会の強化書

展示会ブースの企画・装飾・デザイン・運営など展示会にまつわるプロセスのノウハウ提供ナンバーワン!展示会の狙いを強化する「強化書」です。

展示会ブースにおける映像活用術(どんな映像を作ると効果があるの?)

スポンサーリンク



展示会で映像を使う出展者は昔よりも多くなっている印象です。映像そのものが昔よりもカンタンに作れるようになったからかもしれませんね。

 

展示会ブースで映像・ムービーを使おうと思うとそれなりに手間や費用がかかることが多いですが、どんな作り方をすれば効果のある映像・ムービーを作ることができるのかを考えてみましょう。

 

 

なぜ展示会ブースで映像を活用するのか

 

展示会で活用する映像には主に2種類のねらいがあります。

 

  1. 来場者の目を惹き、ブース誘因のフックにしたい
  2. 映像でないと分かりにくい製品の特徴を説明したい

 

それぞれのねらいにあわせて映像の作り方がまったく変わってきます。ここを間違えると映像の効果は発揮されません。毒にも薬にもなるので適切に制作が進むように整理してください。

 

f:id:tenjikaibooth:20181003172000p:plain

 

 目的① 来場者の目を惹き、ブース誘因のフックにしたい

デザインが固定化されたパネルやキャッチコピーよりも、動いている映像は目をとめやすいという特徴があります。この特徴を利用し来場者の足を止めさせ、ブースに誘引するためのフックにしたいということが、出展者から映像の制作を依頼されるときによく聞く言葉です。

 

たしかに、動いているモノに対して人は目をとめやすいというのは事実です。しかし、単純に映像をつくればブース誘因のきっかけになると考えてしまうと落とし穴にハマってしまいます。展示会場のブース前を通過する来場者をつかまえるという意図にそった作り方でないと効果を発揮しないばかりか、マイナスに働いてしまうこともあるのです。

 

来場者は時間がないという原則

このブログでは再三「来場者は時間がない」という前提に立って、ブースでのコミュニケーションを構築するべきだというスタンスにあります。その原則に沿うと、どんな映像だと効果的なのでしょうか。

(参考記事)

www.tenjikaibooth.net

 

5分のムービーをつくったとして、最初から最後までそのムービーを見続けてくれる来場者は、展示会場のなかでどの程度いるでしょう、おそらく皆無に近いと思います。なぜならそんなにじっと映像を見ている時間はないからです。

 

時間がないということは、見切りが早いということです。仮に映像に目が留まっても、自分が求めている情報がすぐに出てこなければ、さくっと見切って別のブースに歩いていってしまいます。

 

つまり、目的①を叶えるための映像が持つべき機能とは「来場者の足を止めさせる」ことではなく、「来場者の足を止め、短時間のうちに興味喚起する」ことです。

 

f:id:tenjikaibooth:20181003171931p:plain

 

 時間がない来場者は、どんな映像だと効果的なのか

 だいたいの場合、来場者は映像を途中から見ますこの当然の事実が抜け落ちた映像が展示会場には溢れかえっています

 

展示会場を歩き、いろんなブースを巡り、とあるブースの映像に目がとまった。でも映像を途中から見ているので、ストーリーがあるムービーだと何について説明しているムービーなのかが分からない。映画やドラマを途中から見始めても状況把握に時間がかかりますよね、ソレと同じです。

 

つまり、「途中から映像を見る見切りの早い来場者」という少々難儀な方に向けてどんなムービーを作ればよいのかと考えれば方向性は見えてきます。

 

最もカンタンな方法は15秒~30秒程度のキャッチ要素だけをまとめたムービーをつくり、ひたすらループするという方法です。CMをつくるイメージですね。しかし、この方法を採用すると来場者は惹きつけるのですが、運営スタッフの気が狂いそうになるということは身をもって体験としたことがあり、なるべくなら避けたいところです・・・(いや、効果は上がるのですが・・・)

 

サービスの全体像を伝えるような一定のボリューム感を持ちながら来場者をキャッチすることができる映像とは??

イメージとしては、大砲よりもマシンガン。起承転結で伝えるのではなく、細かい結論が次から次へと五月雨式に現れてくる映像というものと考えてもらえばよいと思います。

 

f:id:tenjikaibooth:20181003172218p:plain

 

仮に製品や企業の全体像を伝えるにあたっても、その流れの中に細かく「結」に触れるポイントを作ることが必要になるでしょう。感覚値としては15秒に1度はベネフィット、つまりペルソナの不満を解消できるポイントや理由に触れるのがベターです。ベネフィットに触れないとしても、同じように15秒に1度は何らかの「目を惹く盛り上がり」を映像のなかで作る必要があります。

 

目的①のモニターはどこに設置するのか。

目を留めさせるという目的であれば通路側に近い方がよいでしょう。また、モニターの設置位置は基本的に目線から近い場所です。高い場所に取り付けることもできますが、大きなサイズのモニターでないと高い位置の映像は意味を成しません。

 

モニターが目線に近い位置になるということは、展示会ジャーニーで考えると、いつ見ることになるのか。

 

f:id:tenjikaibooth:20181003172259p:plain

 

つまり、メインのキャッチコピーを補完する細かなベネフィットや事実を伝えていくということが目的①の映像のミッションと言えます。

 

目的② 映像でないと分かりにくい製品の特徴を説明したい

映像を活用すれば、動体展示ができないモノ、動いている様子が見えないモノなどの詳細を説明することができます。また、そこには「時間の経過」という軸を組み込むことができます。

 

私が制作したことのある映像のなかで具体例を挙げると、ある素材を削るのに適したドリルがあるが、ドリルの形状だけ見てもなぜ適しているのかがパっと見には分からない、しかし映像だと微細なドリルの動きをクローズアップしたりスローで表現したり、通常見ることができない断面を表現したりすることができる、という目的で制作したモノがありました。これは、パネルづくりで触れたピラミッドストラクチャーだと事実に該当する部分です。

(参考記事)

www.tenjikaibooth.net

 

f:id:tenjikaibooth:20180920194139p:plain

事実ばかり伝えても価値が伝わりにくいことがあるので、結論もしっかり伝える必要がありますが、事実そのものがインパクトある映像になる場合は、クローズアップして伝えるという手法も有効です。

 

目的②のモニターはどこに設置するのか

目的①のモニターがブース入口側であったのに対し、こちらは接客のプロセスで使われるのでブースの中に設置します。接客のプロセスで使う、というところがまた難しいポイントになってきます。

 

f:id:tenjikaibooth:20181003172542p:plain

 

接客時に映像を使用する難しさ

映像をコンテンツ化してタブレットなどで接客に使ったことがある人はわかると思いますが、基本的に接客の流れのなかで映像とは使いづらいものです。なぜなら、会話の流れをブツっと切ってしまうものだから。

 

どんなタイミングでその映像を見せましょう?、どんな接客の流れで見せましょう?、映像の作り方によっては、唐突に接客相手に映像を見せることになったうえ、その映像が流れている数分間の間はお互いダンマリ・・・なんてことになりかねません。まったくもってスムーズでないのです。

 

となると、ここで流す映像は説明などを作り込みすぎない、という方法も考えられます。

 

映像を見てもらいながら、横から合いの手や補足を入れながら活用する、というぐらいに留めておいた方が接客しながらだと使いやすいです。映像だけ見てもらってもある程度はわかるが、映像だけで完結できるものでなくともよい、ということです。

 

例えば、技術的な説明であれば1分程度で終わるような細かいコンテンツを複数個制作し、YouTubeにチャンネル登録してまとめてアップロードしてしまうのが使いやすいでしょう。会話の流れで説明すべき映像をチョイスするという方法だと便利です。この方法なら大型のモニターでもiPadのようなタブレットであってもどちらでも活用しやすいです。

 

f:id:tenjikaibooth:20181003172524p:plain

 

おわりに

的確に活用すれば、映像は間違いなく効果を発揮するコンテンツです。しかし、どんな映像を作りたいかという想いが先行し過ぎて「誰が」「どんな状況で」見るのかというポイントを忘れてしまわないようにしてください。ココを押さえると、効果的なムービーができあがるはずです。

 

f:id:tenjikaibooth:20190318231529p:plain

f:id:tenjikaibooth:20190318231611p:plain

プライバシーポリシー・利用規約・免責事項

Copyright © 2018 展示会の強化書 All rights reserved.