展示会の強化書

展示会ブースのつくりかた、効果のあがる展示会企画、展示会を楽しむ方法。展示会にまつわる様々な「狙い」の強化書です。

展示会ブースのコンセプトをまとめることは社内外に道筋を示す羅針盤として機能する

展示会ブースのコンセプトをつくる・・・そのコンセプトって何のことでしょうか。コンセプトとは展示会ブースにとって設計図であり、羅針盤と言えるものです。

 

f:id:tenjikaibooth:20190315160741p:plain

 

もし羅針盤や設計図に必要な要素が漏れていたら、どんなものが出来上がって、どんな場所に辿り着いてしまうでしょう。イスを作るための設計図が間違っていてテーブルを作ってしまった、南に向かうはずが北に向かっていた、そんな失敗をしたんだろうなぁ・・・というブースも展示会場のなかには存在します。

 

あなたのブースを作るための設計図・羅針盤は間違っていないですか?

 

続きを読む

定量的な目標設定・費用対効果の検証・ブースの企画はガチガチに密な関係性

展示会ブースを出展するにあたって定量的な目標数値は立てていますか?

 

目標数値を立てていないと・・・

  1. ブースプランが散漫になりデザインの効果が薄くなる
  2. 費用対効果が算出できない
  3. 展示会後に改善策の検証ができないためPDCAサイクルが回らない

といった問題が起こり、結果「展示会に出展しても成果に繋がらない」という状態に陥ります。

 

定量的な目標設定は展示会ブースのデザイン・運営計画と密接に連携するうえ、費用対効果の算出やPDCAサイクルを回していくための基本的な軸になり得るものです。「なんとなく」の目標数値ではなく「意味・根拠ある数値」を考えることがキモになります。

 

続きを読む

なぜその展示会に出展する?、展示会出展の「目的」ではなく「理由」を考える

「目的」と「理由」、この2つは同じような意味合いですがここでは別のモノとして定義して考えています。

 

「その展示会に出展する目的は何ですか?」という問いかけは多くありますが、実は「目的」は何だ?という考え方をしているがために、社内の関係者やパートナーの装飾会社にブースのコンセプトが正しく伝わらず、方向性を見誤ったアウトプットになってしまうというケースが存在します。

 

なぜその展示会に出展するのか、その展示会は本当に出展するに値する器を持っているのか、丹念に情報を拾おうと努めることがブースの成功に向けた鍵になるのです。

 

続きを読む

展示会ブースのコンセプト・ベネフィットを来場者の体験に変換する【カスタマージャーニー】

来場者に何を感じてもらい、どうコミュニケーションを取りたいのか・・・ブースのコンセプトが仮に固まっていたとしても、コンセプトを実現する空間になっていますか?

 

コンセプトを実現する空間とは適切なコンテンツとコミュニケーションが効果的に配されたブースです。来場者の行動に沿ってどのようなコンテンツを配し、コミュニケーションを行うのか。この流れが整理できていないと折角コンセプトを固めたのに意味のない場所に展示物を置いたり、適切な誘引ができなかったりという事態に繋がってしまいます。

 

このような事態を避けるために、カスタマージャーニーマップという手法を展示会ブース版に置き換えた展示会ジャーニーマップを作成し、来場者の行動に対して適切なコンテンツが何かを考えてきます。

 

続きを読む

展示会ブースはキャッチコピーが命

展示会場では多くのキャッチコピーがひしめいています。ただ、よくよく見ると大体の出展者が「一気通貫・ワンストップサービスで革新的な最先端のソリューションを短納期・低価格・小ロットでお任せください!」的なキャッチコピーですよね。(キャッチコピーよくばりセット)

 

ここにあるワードを使ったことがある出展者の方はキャッチコピーを再考した方が良いでしょう。なぜなら、効果が出ていない可能性が高いからです。伝わらないキャッチコピーなんてExcel的に表現すると只の文字列です。と言ってしまってもよいでしょう。

 

この記事では、そんな伝わらないキャッチコピーから脱却し展示会で効果の出るキャッチコピーの作り方について考えてみたいと思います。

 

続きを読む

来場者の感情を誘導し、展示会ブースのメッセージを最大化して伝える

来場者は、展示会ブースでのコミュニケーションを通してどんな感情を抱くのでしょうか。いえ、どんな感情になるとコミュニケーションが最も効果的に行われるのでしょうか。

 

展示会は他のマーケティング施策と比較して「ペルソナの感情」の重要度が高いと感じます。その感情の取り扱い方法を考えてみましょう。

 

続きを読む

自社の強みを3分メッセージに変換し、展示会ブースにどう落とし込むか考える

「何を伝えるか」と同じぐらい大切なのが「どう伝えるか」ですね。目的が明確になったら今度は手段を明確にする段階に入ります。

 

手段についてはネット上で検索すれば<展示会で集客できる方法>という名目のコツ・方法論・アイテムが山ほど出てきます。しかし、それぞれの手段とブース全体での体験に一貫性が無ければ来場者に適切に伝わりません。

 

そのためこの記事では、自社の強みを3分で説明できるメッセージとして変換し、手段に転換していくための下ごしらえをしていきます。エレベーターピッチよりは長め、通常のプレゼンテーションよりは短め、端的にまとめながら根拠もしっかり提示するぐらいのボリューム感です。

 

続きを読む

プライバシーポリシー・利用規約・免責事項

Copyright © 2018 展示会の強化書 All rights reserved.