展示会の強化書

展示会ブースの企画・装飾・デザイン・運営など展示会にまつわるプロセスのノウハウ提供ナンバーワン!展示会の狙いを強化する「強化書」です。

コンセプト・企画立案編

展示会ブースのコンセプトをまとめることは社内外に道筋を示す羅針盤として機能する

展示会ブースのコンセプトをつくる・・・コンセプトとは何のことなのだろう。 コンセプトとは展示会ブースにとって設計図であり、羅針盤と言えるものだ。 もし羅針盤や設計図に必要な要素が漏れていたら、どんなものが出来上がって、どんな場所に辿り着いて…

定量的な目標設定・費用対効果の検証・ブースの企画はガチガチに密な関係性

展示会ブースを出展するにあたって定量的な目標数値は立てているだろうか? 目標数値を立てていないと・・・ ブースプランが散漫になりデザインの効果が薄くなる 費用対効果が算出できない 展示会後に改善策の検証ができないためPDCAサイクルが回らない とい…

なぜその展示会に出展する?、展示会出展の「目的」ではなく「理由」を考える

この記事では展示会出展の「理由」を考えることでブースの企画に一貫性を持たせるための方法論を紹介する。もし、展示会に出展する意義やメリットについて知りたくてこの記事に辿り着いた方がいれば、以下の記事が参考になるのでコチラをご一読いただきたい…

展示会ブースのコンセプト・ベネフィットを来場者の体験に変換する【カスタマージャーニー】

来場者に何を感じてもらい、どうコミュニケーションを取りたいのか・・・ブースのコンセプトが仮に固まっていたとしても、コンセプトを実現する空間になっているだろうか? コンセプトを実現する空間とは適切なコンテンツとコミュニケーションが効果的に配さ…

展示会ブースはキャッチコピーが命

展示会ブースはキャッチコピーの精度が集客に大きな影響を及ぼす。そして、キャッチコピーは顧客の課題解決を展示会場で端的にイメージさせるものでないと集客には役立たない。 よく展示会場で見る「短納期」「低価格」「小ロット」「一気通貫」「ワンストッ…

来場者の感情を誘導し、展示会ブースのメッセージを最大化して伝える

来場者は、展示会ブースでのコミュニケーションを通してどんな感情を抱くのだろうか。いえ、どんな感情になるとコミュニケーションが最も効果的に行われるのだろうか。 展示会は他のBtoBマーケティング施策と比較して「ペルソナの感情」の重要度が高いと感じ…

自社の強みを3分メッセージに変換し、展示会ブースにどう落とし込むか考える

「何を伝えるか」と同じぐらい大切なのが「どう伝えるか」。目的が明確になったら今度は手段を明確にする段階に入る。 手段についてはネット上で検索すれば<展示会で集客できる方法>という名目のコツ・方法論・アイテムが山ほど出てくるだろう。しかし、そ…

展示会ブースで打ち出す<自社の強み>を一言にまとめる

ここまでまとめた自社の強みを別の角度からも確認し、展示会で打ち出す自社の「強み」を一言に集約する。 ペルソナ(顧客)の視点に基づいた強みを打ち出すことができれば、これまで自分たちが思い描いていた強みよりも、はるかに来場者の心を打ち、質の高い集…

ペルソナを演じることで顧客中心思考は深まり、自社の本当の「強み」に気付く

自社分析からはじまりペルソナ設定まで一連の流れを進めてきた。ここまで企画シートに書き込んだ内容を眺めるだけでも、自社の強みはある程度見えてきそうである。 しかし、もっと強みを顧客視点に立って補強し課題解決型ブースの精度を高めたいなら、ペルソ…

展示会ブースはペルソナを設定することで真の課題解決型コミュニケーションが実現できる

展示会ブースの企画にあたってペルソナを設定する効果は非常に大きいと言えます。というより、真に課題解決型のブースをつくろうと思った場合、ペルソナの設定なしに実現は難しいと言えるでしょう。 展示会ブースづくりにあたって必要なペルソナ設定の方法と…

展示会ブースで打ち出す自社の強みとは?、自社ビジネスを分析して掘り当てる

「自社の、または出展製品の強みは明確か?」と聞いたときに出展者の皆さんなら当然何らかの回答は持っていることだろう。展示会では「強み」が最大限伝わるようなブースにすることが結果を出すための常道だ。 しかし、ここでもう一つ質問を重ねてみる。 「…

プライバシーポリシー・利用規約・免責事項

Copyright © 2018 展示会の強化書 All rights reserved.